インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになるのですが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生しますので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある場合、インプラント治療を優先していいでしょう。どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査をうけられないといった口コミがあったかもしれません。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。
簡単にインプラントとクラウンのちがいを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、なくなった歯根の変りに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯とちがう点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着指せる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。多彩な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみて頂戴。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればまあまあ困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。現在可能な最先端の治療がうけられるかどうか、捜して、問い合わせてみましょう。
あなたがたがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。大まかな相場はありますので、心配しないで頂戴。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えて頂戴。持ちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出して貰い、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
歯科医院決定に大事なのはインプラント治療をうけた方からの評価です。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療をうけやすくしています。インプラントの特性として、安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響をうけないほどに頑丈です。
持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。